検索
  • Zhupi

サイレント期間のこと②






『サイレント期間』

という物があることを


私はサイレント期間が

終わって知りました。笑




そもそも知っていたら

気持ちも、向き合い方も

違っていて



もう少しラクだったかな、

と思ったりもしますが




それはそれで

私に課せられた、というか


私が選んだ気づき方だったのだから


知らなかったからこそ得たものも

たくさんあったと思います。




一番は「強さ」かな。






自分でここに「立つ」

という意思も



自分自身をもっと

しっかりさせよう


前を向こう、という気持ちも


生きて行くことへの

覚悟や想いは



このサイレント期間に

とてもしっかりしてきます。







不思議ですよね。


気づいていてもいなくても

自分のもう半分が

なくなって初めて


人は、一人で立とうとする。






自分の意思がちゃんと

あるように見えて


全てが他人の想いを

基準にしてきたこと。


それまでの自分の選択基準を

自分の「喜び」に

シフトしていくこと。





自分の内にある感情を全て

大事に受け取る感覚を


少しずつ、磨いていく期間。







それをしているうちに

もともとあって、


コントロールできずにいたもの



ただただ苦しい原因だった

自分の繊細な感覚が


スピリチュアルな力として

目覚めていきます。







それなくして、自立はないし


それなくして、統合はできない。






まずは自らの全てを

統合していくんです。







自分の感覚が磨かれ純度を上げて


持ってきた感性が開いたとき




私たちは


自分の内にある美しさと


宇宙と繋がる深い愛を知ります。





感覚が開き波動が

上がるから感じる


次の次元のエネルギー。





疑いを捨て

怒りを受け入れ


悲しみを光に変えることが

できる。




そのすべてが自己愛から生まれる

無条件の愛に繋がっています。




サイレント期間がなければ

もしかしたら


こんなに深い気づきは

なかったかもしれないな。







サイレント期間は

誰にでもあるわけじゃ

ないけれど



体験しているときは

とても辛く感じる瞬間が

いっぱいあるけれど




その先には

想像を超えるミラクルが

待っているから



自分と繋がり

自分を信頼して


進んでください♡





それは、相手を


そして宇宙を



信頼することに繋がっていくから。